ON THE HAND

引っ越しました http://tech.andhandworks.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

センサー20種セット

こんなものを頂きました。

センサーは単価が安いのでバラで買うと
送料や交通費の方が高くついてしまいます。

そんなセンサをArduino / Raspberry Pi 用に
DIP 化して20種類集めたキットです。

果たして20種類も使い切れるのかという疑問はさておき、
何に使うのかわからないものもあるので全部調べてみました。

と言うか、メーカーのサイトに丁寧に説明が載っています。
英語ですが。
http://osoyoo.com/?p=403


ホール効果センサモジュール


20sensors_1.jpg
磁気を検知するセンサです。
英語で言うと「ホールマグネティックフィールドセンサ」です。
響きがかっこいいです。中二っぽいです。

磁力を計測するのではなく、HIGH/LOWの
デジタルで結果が得られるようです。

写真の左側(-側)から順に
GND, VCC+5V, Digital Input PIN
に繋ぎます。


DS18B20温度センサー


20sensors_2.jpg
一見すると、さきほどのホール効果センサと
何が違うのかさっぱり分かりませんが全然違います。

OneWire でプログラマブルなセンサです。
Arduino で使う場合は OneWire ライブラリをロードしましょう。
OneWire ライブラリ

OneWire で 0x44 を書き込むと計測温度がレジスタに格納され、
0xBE で格納された値を読み出すようです。
詳しくは DA18B20 のデータシートを参照。

写真の左側(-側)から順に
GND, VCC+5V, Digital Input PIN
です。

OneWire の練習に良いかもしれません。
OneWire を使うと某メーカーの3Dプリンタカートリッジに
掛かっているプロテクトが、、、おっと誰か来たようだ。


3色フルカラーSMD LEDモジュール


20sensors_3.jpg
センサではないです。
フルカラーLEDです。
普通にフルカラーLEDを買ってきた方が手っ取り早い気もしますが、
各ピンに色が書いてあるので分かりやすいと言えば分かりやすい。

GND以外の各ピンに 0~255 でPWMアナログ値を書き込むと、
値に応じた色が光ります。


赤外線トラッキングセンサー


20sensors_4.jpg
メーカーのサイトには赤外光を検知するようなことが
書いてありますが、実際には遮蔽物の有無で反応します。
モジュール自身が赤外光を発していて、遮蔽物が反射した光を
検知する仕組みなので「赤外光を検知」という説明になるようです。

結果は HIGH/LOW のデジタル値です。
接続は左から GND, VCC, Digital PI。

可変抵抗が付いているので反応の度合いを変えられそうな予感。


赤外線障害物検知センサーモジュール


20sensors_5.jpg
これも赤外線で遮蔽物を検知します。
赤外線トラッキングセンサーと何が違うのか、
と言う感じですが、おそらくこちらのセンサは
ある程度離れた対象を検知するのではないかと。たぶん。

足が4本出ていますが、一番右は使いません。
結果は HIGH/LOW のデジタル値です。
接続は左から GND, VCC, Digital PI。

普通の赤外線LEDと赤外線センサが載っているので
一番右(EN)まで使うとリモコン信号の送受信もできそうな
予感はしますが試していません。
可変抵抗も何に使うものなのか不明。


少々長くなったので続きはまた後日。
残りセンサ15個。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2016/05/19(木) 21:59:28|
  2. 製品レビュー
  3. | コメント:0

Raspberry Pi3 を一体型 PC にする (2) :リベンジ

前回、Raspberry Pi3 を無線 Linux 端末にするところまでたどり着きました。
最後の手順で LCD-show.tar.gz をダウンロードしましたが、
現時点で最新の Raspbian である jessie ではこれは上手く動きません。
waveshare のマニュアルをよく読むと書いてあるんですが気づきませんでした。

また、amazon の商品説明にあるURLからRaspbianを入手してインストールした場合、
一時的には動作しますがOSをアップデートするとLCDが表示されなくなります。

という訳で、jessie に対応したドライバをインストールしてLCDを動作させます。

ブート時にX-windowを起動



pi@raspberrypi:~ $ sudo raspi-config

Boot Option で Desktop Autologin を選択します。
後の手順の都合で Autologin にしておく必要があるので注意。
RaspiLCD_2.jpg
RaspiLCD_3_201605012357385d7.jpg

LCDドライバを入れる


waveshare のマニュアルのImageセクションからjessie用のLCDドライバを
ダウンロードして4inchのドライバをロードします。
http://www.waveshare.com/wiki/4inch_RPi_LCD_(A)#Image

pi@raspberrypi:~ $ wget http://www.waveshare.com/w/upload/9/9d/LCD-show-151020.tar.gz
pi@raspberrypi:~ $ tar xzfv LCD-show-151020.tar.gz
pi@raspberrypi:~ $ cd LCD-show
pi@raspberrypi:~/LCD-show $ sudo ./LCD4-show

しばらくすると自動的にrebootしてLCDモニタが映るようになります。
こんな感じ。
電源以外のケーブルが無くなって素敵。
RaspiLCD_4.jpg

タッチパネルをキャリブレーション


ドライバを入れただけだと、タッチパネルをタッチした座標が
何故か上下反転するので、キャリブレーションして修正します。

キャリブレーションの準備として、ドライバに同梱されている
xinput-calibrator をインストールします。

pi@raspberrypi:~/LCD-show $ sudo dpkg -i -B xinput-calibrator_0.7.5-1_armhf.deb


その後、xinput-calibrator を実行するのですが、
モニタ上で pi ユーザでログインしていないとエラーになってしまうので、
キーボードを接続していない状態の場合は Autologin で起動しておく必要があります。

pi@raspberrypi:~ $ DISPLAY=:0.0 xinput_calibrator
Calibrating EVDEV driver for "ADS7846 Touchscreen" id=6
current calibration values (from XInput): min_x=3950, max_x=172 and min_y=3871, max_y=194


こんな感じの画面が表示されるので、マーカーをタッチすれば
キャリブレーション完了。
RaspiLCD_5.jpg

おまけ:Bluetooth キーボードを接続


せっかくケーブルレスなので Bluetooth キーボードを設定してみます。
Raspberry Pi3 はBluetooth内蔵なのでペアリング設定だけでつながります。

pi@raspberrypi:~ $ bluetoothctl
[bluetooth]# scan on
Discovery started
[CHG] Controller xx:xx:xx:xx:xx:xx Discovering: yes
[bluetooth]# scan off
Discovery stopped
[bluetooth]# pair xx:xx:xx:xx:xx:xx
Attempting to pair with xx:xx:xx:xx:xx:xx
Pairing successful
[CHG] Device xx:xx:xx:xx:xx:xx Connected: no
[bluetooth]# connect xx:xx:xx:xx:xx:xx
Attempting to connect to xx:xx:xx:xx:xx:xx
Connection successful
[bluetooth]# trust
[bluetooth]# exit


完成


そんなこんなで小型Youtube端末ができました。
RaspiLCD_6.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 続きを読む

テーマ:電子工作 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/05/02(月) 00:40:01|
  2. Raspberry Pi
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。