ON THE HAND

引っ越しました http://tech.andhandworks.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Raspberry Pi3 を一体型 PC にする

Raspberry Pi3 と LCD モニタをいただいたので
安易ながらひとまず一体型タッチパネルPC化してみます。



Raspberry Pi セットアップ


LCD モニタを繋いでセットアップしたいところですが、
実はドライバを入れないと表示されません。
また、Raspberry Pi3 は無線LANチップを内蔵していますが、
いきなり接続されたりはしません。
そこで、ひとまず有線LAN接続して SSH で作業します。

Raspbian の SD カードを作って起動するところまでは
Raspberry Pi をファイルサーバにする
と同じです。

ところが、現時点で最新版の Raspbian Jessie では
ルートパーティションが 4GB になっており
rpi-update すると溢れてしまいます。

そこで、rpi-update する前に raspi-config で
パーティションを拡張します。
pi@raspberrypi ~ $ sudo raspi-config

開いた画面で「1 Expand Filesystem」を選択後、
reboot すればルートパーティションが拡張されます。
pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot


再起動したら一旦 Raspbian をアップデート。
pi@raspberrypi ~ $ sudo rpi-update
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get update
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get upgrade
pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot


これで、一応 Linux 端末にはなりました。

無線LAN化


無線LANチップが wlan0 として認識されていることを確認。
pi@raspberrypi:~ $ /sbin/ifconfig
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr b8:27:eb:e9:06:07
inet addr:192.168.xxx.xxx Bcast:192.168.xxx.xxx Mask:255.255.255.0
:
lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
:
wlan0 Link encap:Ethernet HWaddr b8:27:eb:bc:53:52
:


私の環境では WEP128 なので下記のように無線設定を書き込みました。
{SSID}, {PASSPHRASE} は適宜読み替えてください。
pi@raspberrypi ~ $ sudo -s
root@raspberrypi:/home/pi# vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
root@raspberrypi:/home/pi# cat /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
country=GB
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
ssid="{SSID}"
key_mgmt=NONE
wep_key0={PASSPHRASE}
wep_tx_keyidx=0
}


出来上がったら接続をテスト。
Successfully っぽいことを言われたらOKのようです。
問題なければ reboot すると DHCP で IP アドレスが割り当たるはず。
root@raspberrypi:/home/pi# wpa_supplicant -i wlan0 -c /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
Successfully initialized wpa_supplicant
:
root@raspberrypi:/home/pi# reboot


LCDモニタを設定


一旦、Raspbian を shutdown して電源を抜きます。
root@raspberrypi:/home/pi# poweroff


せっかくケース付きの Raspberry Pi3 を頂いたのですが、
実は cocopar の LCD モニタはケースが付いていると
ピンソケットの長さが足りなくて届きません。
Raspberry Pi3 とぴったりくっつくように作ってあるようです。

少々もったいないですがケースを外してLCDモニタを
差し込みます。
マニュアルも何もないですが、GPIOピンの一番端に
差せば良いようです。

裏から見るとこんな感じ。
RaspiLCD.jpg

この状態で電源を入れ、ドライバを入れます。
・・・が、マニュアルが同梱されておらず、
ドライバの在り処が書かれていません。

Amazon の商品説明欄に URL が書かれていると思ったら、
それは Raspbian 本体。なんでやねん。

色々調べた結果、 waveshare とかいうメーカーの
手順に従えばなんとかなりそう。

pi@raspberrypi:~ $ sudo -s
root@raspberrypi:/home/pi# wget http://www.waveshare.net/w/upload/7/73/LCD-show.tar.gz


・・・と、ここでサーバが異様に重くてダウンロード時間70分とか
出てきたので続きはまた後日。

次回は
 ・LCモニタの動作
 ・Bluetooth キーボードの設定
を予定しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. 2016/04/30(土) 00:07:05|
  2. Raspberry Pi
  3. | コメント:0
関連記事
<<Raspberry Pi3 を一体型 PC にする (2) :リベンジ | ホーム | 娘フォント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。